【彦根城の御城印】どこで買える?販売場所や井伊の赤備えデザイン、値段について紹介します。

彦根城と御城印とひこにゃんのスリーショット

彦根城にやってきました。

こちらは、国宝に指定されている彦根城の天守です。

実は、国内に5つしかない国宝に指定された天守を持つお城。彦根城の他は、姫路城(兵庫県)、松本城(長野県)、犬山城(愛知県)、松江城(島根県)が、天守が国宝に指定されているお城です。(ちなみに、天守が残るお城も全国に12しかなかったりします。)

天気の良い日に撮影した彦根城の天守

今日は、そんな彦根城と彦根城で入手できるお城の御朱印「御城印(ごじょういん)」について紹介します。

目次

彦根城について

彦根城は、彦根藩の井伊家が慶長9年(1604年)から約20年の歳月をかけて築城したお城です。国宝の天守をはじめ、重要文化財の建物や名勝の玄宮園などみどころがいっぱい。全国的に有名なゆるキャラひこにゃんに会えるスポットとしても注目されています。

解体されるはずだったお城

彦根城は、今では、国宝や重要文化財を含む貴重なお城とされていますが、明治になったタイミングでは、旧体制の象徴である城を解体しようとする廃城令の対象となって、解体されることになっていました

それが、たまたま明治天皇が彦根を立ち寄られた際に、保存するように命じられ、なんとか解体を免れたそうです。明治天皇のこの命には、その時に随行していた大隈重信が奉上したという説や、天皇のいとこにあたるかね子さんという方が奉上したという説があります。あるのがフツーと思っていましたが、危ないところだったんですね、彦根城。知りませんでした。。。

幻の安土城の遺構が残るお城

彦根城は、いろんなお城が移築されてできています。天守は大津城から、天秤櫓は長浜城からそれぞれ移築されたと言われています。他にも石垣や用材が、佐和山城や安土城からも移築されたとのことです。今は、安土城を始めとして彦根城以外はすべて現存していませんが、彦根城の中で残っていると思うと何だかノスタルジックですよね。

ゆるキャラ「ひこにゃん」が住むお城

彦根城は、歴史ある厳格なお城でもありますが、一方で、ゆるキャラブームの火付け役となった猫のキャラクター「ひこにゃん」に会える場所としても人気です。

◯ひこにゃんの登場スケジュールを見る

スケジュール – ひこにゃん公式サイト

彦根城の前でポーズをとるひこにゃん

ひこにゃんは、彦根市の特別住民なのですが、住所が「彦根市金亀町1番1号」とされています。この住所は、実は、彦根城の住所だったり。ということで、ひこにゃんのお家は、彦根城ということになるんですね。

f:id:ouo_ouo123:20201230214306p:plain
こちらは、ひこにゃんの住民票ですが、ゆるキャラという可愛いファンタジーなものに対し住民票があったり「世帯主」というめちゃくちゃ現実的な言葉が使われたりしているのが、ちぐはぐで、ちょっと面白いですよね。

彦根城の前に設置されているひこにゃんの等身大パネル

ちなみに、彦根城の天守の前には、等身大パネルも設置してあり、ひこにゃんに会えなかったとしても、このパネルと一緒に記念撮影をすることができます。

入城記念符としての御城印

彦根城の入城券が販売されている彦根城管理事務所で販売されている御城印

販売場所と値段

彦根城では、入城記念符として「御城印」(300円)が販売されています。

販売場所は「彦根城管理事務所(彦根城の入城券が販売されている券売所)」です。

デザイン

井伊の赤備えの朱色

彦根城の御城印

14代に亘って彦根城の城主であった井伊家は、戦の際、足軽に至るまで赤色で武具の色を統一していました。それを「井伊の赤備え」と言いますが、彦根城の御城印の色も、その井伊の赤備えをイメージした朱色になっています。

◯もっと詳しく見る

井伊の赤備え・真田の赤備え・村上水軍|甲冑(鎧兜)基礎知識

井伊家の家紋「橘紋」

彦根城の御城印

こちらの花の印は、井伊家の家紋の「橘紋(たちばなもん)」です。その橘紋が紫色のスタンプで押印されています。

井伊家の旗印「井桁」

彦根城の御城印

こちらのハッシュタグマークは、井伊家の旗印である「井桁(いげた)」です。金色のスタンプで押印されています。

井伊家当主の通字「直」

彦根城の御城印

こちらの「直」という漢字は、井伊家の当主の通字である「直」です。旗印と同じく金色の押印ですが、文字は、井伊家18代当主の井伊直岳さんの署名をもとに作成されています。

ちなみに、え?18代当主ってどういうこと?14代までで藩とかそういうの終わったんじゃないの?と思われた方は、下記リンクをご覧ください。

◯もっと詳しく見る

井伊家18代目当主「彦根城を寄付した井伊家 現当主は婿養子の元市史編さん室職員」

琵琶湖八景「月明 彦根の古城」

彦根城の御城印

琵琶湖周辺の景観の良い8つの景色を琵琶湖八景とされているのですが、その八景のうちの1つに彦根城も入っています。「月明 彦根の古城」というのは、その琵琶湖八景の中の題目です。
◯もっと詳しく見る

琵琶湖八景 彦根の古城:公益社団法人 彦根観光協会

琵琶湖八景・近江八景|滋賀県ホームページ

お城との記念撮影

天気の良い日の彦根城と御城印のツーショット

御城印は、購入したらお城に添えて写真を撮りましょう!

この日は、天気が良かったので、青い空と朱色の御城印がとても映えました。

御城印とお城を一緒に撮影することは、どのお城を訪ねたかの記録にもなるので、おすすめです。

最後に

彦根城の情報

観覧時間:8:30〜17:00(天守入場は16:30まで)

※年中無休

観覧料金:800円(高校生以上)、200円(小・中学生)

周辺の地図

①御城印販売所(彦根城管理事務所) ②彦根城

関連記事(お城)

熊本城

関連記事(彦根)

彦根イイプリン

ひこにゃんマンホール

招き猫のお寺「豪徳寺」

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる