旅と遊びと暇な日と。

#お出掛け #お家で楽しむ #ローカル #アート

予約方法は?『もう言葉がでません』松江市の店名とイラストがインパクト大な高級食パン専門店

この記事をシェアする

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店で購入したラスク

松江駅にやってきました。

松江駅は、県庁所在地を代表する駅としては、実は、山口県の山口駅に次いで利用者が少ない駅なのですが、特急や寝台列車などの旅客列車が停車し、駅ビルに大きな商業施設が入る山陰地方の旅の窓口と言える駅です。

松江駅の駅名表示

今日は、そんな松江駅の駅ビルにある「シャミネ松江」という商業施設内に2020年11月にできた鳥取県発の高級食パン専門店『もう言葉がでません』について紹介したいと思います。

高級食パン専門店『もう言葉がでません』

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

こちらが高級食パン専門店「もう言葉がでません」です。

インパクトのある店名、そして、外観ですよね。たまたま通りがかって、この目立つ濃いピンクに惹かれて、お店の存在を知りました。

系列店としては、松江駅のこのお店は4店舗目だそうです。

個性的でインパクトある店名

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

こちらの高級食パン専門店は、国内外に約140件のベーカリー開業支援の実績がある「ジャパンベーカリーマーケティング」の岸本社長が地域に"パン屋でにぎわいを"と鳥取市でお店を開店されたことが始まりだそうです。

そして、その発起人の岸本社長は、これまでにも「街がざわついた」(千葉県)、「あらやだ奥さん」(三重県)など個性的な名前の高級食パン専門店を手掛けてこられたことで有名な社長さん

そのため、今回もとってもユニークな店名となっています。

ただ、理念として"地元企業が運営してこそ地域は盛り上がる"とも考えておられたため、2020年2月からは、地元の企業さんに事業が譲渡されているそうです。

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

店名の他、お店には絶句とも書かれていましたが、"もう言葉がでません"に対して"絶句"というのも面白いですね。

個性的でインパクトある外観イラスト

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

お店の外観のイラストも個性的かつインパクト大ですよね。

こちらは、越智俊介さんという芸術大学出身で、学生の頃から企業の広告やパッケージを手掛けてこられた作家さんがデザインされています。

そして、この外観デザインの中には、妖怪や麒麟獅子など鳥取らしい要素が密かにいろいろ盛り込まれていますので、注目して見てみてください。

たとえば、妖怪。イラストの青年の着ている服の中に妖怪がひっそり隠れていますね。

人気の2大食パン

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

食パンのラインナップとしては、プレーンの「なまの口どけ」(税別800円)とレーズンの「まぼろし」(税別980円)の2種類があります。

私は、購入することができなかったので、食べられませんでしたが、プレーンは、生クリームとバターでコクがあり、赤糖がブレンドされた優しい甘みの味で、レーズンは、サンマスカットレーズンの酸味と甘味が絶妙なうまみを出している味なのだそうです。

◯もっと詳しく見る

MENU | もう言葉がでません

完売するので予約が必要

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

高級食パンは、完売します。完売してしまうので、予約が必要です。

具体的には、店頭で配布される整理券を事前にもらうことで予約ができます

整理券は、開店前から券がなくなるまで配布があり、その整理券に記載のある焼き上がり時間頃に券を持って、店頭に行くと、高級食パンを購入することができます。

シャミネ松江店では、開店30分前の8時30分から配布されています。

整理券は午前中までになくなってしまうことが多いそうですが、混んでいなければ、整理券がなくとも直近の焼き上がり時間に購入することも可能みたいです。

整理券については、配布方法や枚数、配布時間などが状況によって変更されることもあるかと思いますので、必要に応じて、店舗のSNSを確認されるか、店舗にお問い合わせされることをおすすめします。

ラスクやジャムは売っていることも

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店

高級食パンは、私が訪れた18時頃には当然すべて完売していたのですが、サイドメニューのラスクやジャムは、まだ販売がありました。

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店のラスク

せっかくなので、ラスクを購入。1個250円でした。

松江駅の駅ビルに入る商業施設シャミネ松江にあるもう言葉がでませんという名前の高級食パン専門店のレシート

レシートにも個性的なお店の名前が看板と同じデザインで印字されていました。

店舗と同じイラストの紙袋

ちなみに、私が購入した時は、普通の紙袋でしたが、高級食パンを購入すると、お店の外観デザインと同じイラストの紙袋がもらえるみたいですよ。

鳥取の店舗では「鳥取」の文字が入れられていますが、

松江駅のシャミネ松江で購入すると「島根」の文字が入っています。

最後に

お店の情報

もう言葉がでません

①吉成本店

営業時間:10:00〜18:00

電話番号:0857-51-0821

②イオンモール鳥取北店

営業時間:10:00〜21:00

電話番号:0857-30-7419

HP(イオンモール鳥取北公式ホームページ :: もう言葉が出ません)

③マルイ両三柳店

営業時間:10:00〜20:00

電話番号:0859-36-8343

④シャミネ松江店

営業時間:9:00〜19:30

電話番号:0852-61-0250

HP(もう言葉が出ません - シャミネ松江)

お店の場所

関連記事(パン)

小麦の奴隷

わがし屋さんのあんぱん

プライバシーポリシー