たま電車はフリー切符で!和歌山の可愛すぎるにゃんこ電車で1日乗車券の旅

和歌山電鐵のたま電車

和歌山県和歌山市です。

和歌山市内には、JRや南海電鉄のほか私鉄として和歌山電鐵の路線が通っています。

和歌山電鐵は、2007年に地元で飼われていた猫を駅長として任命したことで全国の動物駅長ブームの火付け役となったことで有名です。

今日は、そんな和歌山電鐵の人気ラッピング電車「たま電車」について紹介したいと思います。

    目次

    ホームまで向かう猫

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されている猫

    こちらは、JR和歌山駅です。

    こちらのJR和歌山駅から和歌山電鐵の和歌山駅まで行く道のりには、猫の装飾が施されています。

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されている歩いている猫

    こちらの猫の装飾は、JRのホームから和歌山電鐵のホームの入り口にたどり着くまで一緒に歩いているようにデザインされており、

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されているジャンプする先を見定めている猫

    途中には、猫らしくジャンブする先を見定めて狙う様子や、

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されているジャンプする猫

    実際に飛び立つ様子、

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されている別のものに気を取られている猫

    歩いて向かっていたはずなのに、別のものに気を取られて遊ぶ様子などコミカルでかわいい猫の姿が見られます。

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く道に装飾されているハートの柄の猫

    中には、1匹だけハートの模様の猫もいました。見つけられたらちょっと嬉しいですね!

    この猫ちゃんは、和歌山電鐵のたま駅長が三毛猫であることから三毛猫デザインを採用しているものと思われます。

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームを示す案内表示

    和歌山電鐵の駅のホームの階段までたどり着くと「たま駅長」のキャラクターのイラストも描かれていました。

    ◯たま駅長ページ

    我が輩は猫駅長である。 Urtra station master TAMA

    ラッピング電車の運行案内板

    f:id:ouo_ouo123:20210224211145j:plain

    ホームの階段の入り口には、和歌山電鐵の各種ラッピング電車の運行予定の電子案内表示板もあります。

    和歌山電鐵の電車は、すべてラッピング電車になっていて現在「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」「うめ星電車」「チャギントン電車」の5種類が運行しています。

    ◯和歌山電鐵の電車

    ねこと電車と和歌山電鐵貴志川線のたび

    たま駅長のイラストと沿線紹介

    和歌山電鐵の和歌山駅のホームまで続く階段に飾られているたま駅長のキャラクターの額縁

    ホームまでの階段には、たま駅長のキャラクターのイラストが飾られています。

    f:id:ouo_ouo123:20210224211111j:plain

    鮮やかではっきりした色で絵本のようにかわいくて楽しいイラストがたくさんありました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224211055j:plain

    また、たま駅長のキャラクターがあしらわれた和歌山電鐵沿線の立ち寄りスポットも紹介されていました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224211039j:plain

    このように温泉や寺院などの他、いちご狩りができる場所なども紹介されていました。ちなみに、こちらの花山温泉ですが、鉄を溶かしてできているのではないかと思うほど、濃い温泉で、これまでに入ったことのない温泉でした。

    また、漫画『鬼滅の刃』で話題となった甘露寺も和歌山電鐵の沿線にあります。

    フリー切符がお得

    和歌山電鐵を利用するならフリー切符がお得です。和歌山電鐵の電車は、すべての車両がラッピング電車になっています。

    また、沿線に気になる立ち寄りスポットがあるのはもちろんのこと、途中の伊太祈曽駅と終点の貴志駅では「猫駅長」に会うこともできます

    和歌山駅から貴志駅までの運賃は往復820円1日乗車券は800円。そのため、和歌山電鐵のラッピング電車と猫駅長、沿線の観光スポットを楽しもうと思ったら断然1日乗り放題のフリー切符がお得です。

    ◯フリー切符(1日乗車券)

    和歌山電鐵貴志川線1日乗車券

    ◯和歌山電鐵の運賃

    運賃表 Fare table

    たま電車のデザイン

    外観

    和歌山電鐵のたま電車の正面から見た外観

    こちらは、たま電車の外観です。

    猫耳やひげが付いていて電車の正面が顔のようになっています。また、白色ベースに茶色と黒という三毛にもなっていて、たま駅長がモチーフにされているのがわかります。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210922j:plain

    側面には「たま電車」と印字されています。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210952j:plain

    また、これでもかというほど、たま駅長のイラストが装飾されています。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210418j:plain

    猫の足跡のデザインもかわいいです。

    和歌山電鐵のたま電車の側面から見た外観

    いろんなポージングのたま駅長がいて、キャラクターデザインのバリエーションの多さにわくわくしました。

    和歌山電鐵のたま電車の側面から見た外観猫の足跡にも「たま電車」の文字が入っていますね。

    内観

    和歌山電鐵のたま電車の内観こちらは、たま電車の内観です。

    黄色が基調とされ、デザインされています。

    写真に写っているのは、車内に設置されている本棚です。本棚には、絵本が置いてありました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210715j:plain

    ドアにもたま駅長がいました。また、壁全体が猫柄になっていました。

    和歌山電鐵のたま電車の車両と車両の接続部分

    車両と車両の間は隣の部屋につながるドアのようになっています。暖簾も掛けられていて、それもたま駅長デザインになっています。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210911j:plain

    ショーウィンドウもありました。

    たま駅長に関する書籍が展示されています。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210857j:plain

    こちらにもショーウィンドウがありますが、こちらは猫は猫でもドラえもんが飾られていました。一応、彼も猫でしたね。

    和歌山電鐵のたま電車の猫の形をした電灯

    車内にあった電灯も猫の形になっていました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210850j:plain

    たま駅長のイラスト掲示もあります。

    和歌山電鐵のたま電車に飾られていたたま駅長のキャラクターのイラスト

    しかも、複数箇所にいろんなバリエーションのものが。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210643j:plain

    乗客の皆さんに向けたメッセージ入りステッカーも貼っていました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210626j:plain

    f:id:ouo_ouo123:20210224210754j:plain

    電車の中吊り広告もたま駅長です。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210612j:plain

    こちらは、初代たま駅長をかたどったレリーフのレプリカです。実は、今のたま駅長は2代目で、初代のたま駅長は2015年に天寿を全うされています。

    ◯たま駅長のレリーフについて

    たま駅長のレリーフ除幕 和歌山電鉄の車内に設置 – サッと見ニュース – 産経フォト

    座席の椅子

    和歌山電鐵のたま電車のドット柄の座席の椅子

    たま電車で注目してほしいのがファッショナブルな座席のデザインです。

    和歌山電鐵のたま電車の背もたれが猫の形の座席の椅子

    和歌山電鐵のたま電車の背もたれが猫の形の座席の椅子

    柄やデザインがポップでかわいいのはもちろんのこと、このように背もたれが猫になっていたり、

    f:id:ouo_ouo123:20210224210824j:plain

    椅子の脚が猫脚だったり、背もたれの裏に猫が隠れていたり。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210801j:plain

    たま駅長のキャラクターもあしらわれています。

    和歌山電鐵のたま電車のバラエティに富んだ座席の椅子

    このたま電車は、水戸岡鋭治さんという全国各地の多数の鉄道のデザインを手掛けておられることで有名なデザイナーさんがデザインされました。

    和歌山電鐵のたま電車のバラエティに富んだ座席の椅子

    水戸岡さんのデザインされる電車は、木を使っていることが特徴で、九州で初めて水戸岡さんの電車に乗った時は、家のようだなという印象を受けました。座席も家具のようだなと。

    和歌山電鐵のたま電車の水玉模様の座席の椅子

    水戸岡さんのお家は家具屋さんだったということですが、ご自身が家具屋の子どもとして育ったということもこういった家のような電車、家具のような座席のデザインに関係しているのでしょうか。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210730j:plain

    窓にもたま駅長の大きなイラストが描かれていました。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210722j:plain

    大きいイラストなので、たとえば、この写真だとたま駅長の手がちょうど頭の位置に来るように座れば、たま駅長に頭を撫でられているような写真を撮ることができます。

    f:id:ouo_ouo123:20210224210558j:plain

    顔だけ姿をのぞかせているたま駅長もいれば、

    f:id:ouo_ouo123:20210224210506j:plain

    このようにしっぽだけのたま駅長もいました。

    新デザインのたま電車

    さて、ここまで「たま電車」について紹介してきましたが、2021年冬には、たま電車の第2弾が建造され、運行する予定とのこと。

    新しい車両運行にあたっては、2021年2月22日(猫の日)から2021年5月21日までクラウドファンディングにてサポーターを募集されています。

    最後に

    電車の情報

    和歌山電鐵

    電車の場所

    関連記事(和歌山)

    FOOD HUNTER PARK

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメント一覧 (2件)

    • おはようございます。
      たま電 楽しいですね。
      車内があんまり楽しいので見て回るうち乗り過ごしてしまいそうです。

    • おはようございます!
      他に、おもちゃ電車やいちご電車もあるので、また記事にしたいなと思っています(^o^)
      あと、たま駅長のカフェもおすすめです!

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる