旅と遊びと暇な日と。

#お出掛け #お家で楽しむ #ローカル #アート

【10/30号】今週、私が面白いと思ったニュース

この記事をシェアする

今週、私が面白いと思ったニュースを感想を添えて列挙しています。

全国のニュース

①印鑑をお寺で供養

 律儀だなぁと思いました。そうか、長年お世話になったものですからね。印鑑供養とかそういうのしたら、企業さんが供養の意味合いや、脱はんこを実施しましたという対外PRのため、しに来てくださると読んで、実施しようと、いち早く行動される神社さんすごいと思ったのと、脱はんこってハンコレスともいうんやと思いました。ということは、脱原発とかも原発レスに置き換えられるのか。いや、何かそれは、ちょっと軽く聞こえ過ぎて違う気がしてきますね。

②「味の違い」=「色の違い」という概念のぶっ壊し

チョコレート味が黒というのは、まだわかりますが、ミルク味も黒って面白いです。何より、これまで無意識にこういう味の種類がある食べ物って「味の違い」=「色の違い」ってなっていると思っていましたし、何となく、製造する側もそうしないといけないみたいに思っていたと思います。その中で、それをガン無視のぶっ壊してきたこのソフトクリーム。いかすなぁ。

③機関車が200万円で特売セール

今では世界遺産になっている姫路城も明治の時代、廃城令が出た時は、天守が競売に出され、23円50銭で落札されたということがありました。この記事を見た時、なんとなくそのことが頭に浮かび。こういう鉄道遺産というか鉄道の分野で価値ある機関車や老朽化で使われなくなった駅舎とかも今は取り壊されたり、解体されたりしている場合もありますが、時を経たら、今では世界遺産になっている機関車がその当時は200万円で売られていたらしいってありえないっていうネタとして話題になったりしてと。

あ、あと、何気にカッコ書きで200万円の後に税別、送料別ってちゃんと書かれているのが面白いと思いました。

津軽弁の日っていうのがあったんですね

じゃあ、他の方言は?と思って、とりあえず、ためしに関西弁の日で検索してみたところヒットせず。やっぱり津軽弁は強いですものね。方言としての存在感が。皆さん知っておられるかわかりませんが、私は、NHK朝の連続テレビ小説純情きらり』で冬吾さんがしゃべってはるのがすきやったな。津軽弁に憧れました。

⑤そうか、これも「端末」か

タピオカみたいな感じか。実はずっと昔にって。面白いですね。こういうのもっと探せば他にもありそう。「ぴえん」とか若者言葉とかも実は、昭和初期に使われていたギャグにあったとか。漫才師の方でそれを定番フレーズにされていたとか。

⑥雑誌、ついに無くなる

ネットでいろいろ調べられる時代になって、紙の雑誌の生き残りについて関心がありましたが、ついに。業界間で様子見状態だったんじゃないかなぁで思います。他社が続けているし、何とか創意工夫でって。

⑦乗ってもらう工夫

鉄道の御朱印「鉄印」が人気だったりしますが、そういう新しいものでなくとも、沿線にある既存資源を活かして、乗車してもらうという工夫もたくさんあるなということを改めて思いました。

ローカル線とかって乗りたくないわけじゃなくって、興味ないわけじゃなくって、単に、乗るきっかけがないだけだったりするってこともあると思うんですよね。

沿線を巡るきっかけをわかりやすくアピールする方法を単なるいち個人ではありますが、私も考えたいと思いました。

御朱印はもう大喜利

御朱印の亜種として御城印、鉄印、御酒印などいろいろと出ておりますが、御鯛印と!

これはやられたなぁと思いました。すごい。

あと、この御朱印亜種の流れって、これまでのスタンプラリーと同じようにも見えるのですが、このしくみとスタンプラリーとの徹底的な違いは、集めること自体が目的となっているということだと思います。

スタンプラリーだと、スタンプを集めてそれで応募とか、それで商品と交換とかってなるじゃないですか。御朱印とかは、それ自体が目的物となる。だから、単なるスタンプラリーより集めようという気になる。残そうと思う。そのスタンプ自体に価値があるから。いわば、コレクションなんですね。

集めた先に何か特典がなんてなくてもいいのです。この次々登場する御朱印亜種の流れには今後も注目です。もはや、御朱印大喜利になってますね。

⑨鬼滅で着にくくなった服

あー、これ、うちの実家にあった。同じの。弟の服!

たしかに。そして、服じゃないですが、こういう後に出てきたもので、それまでから使っているのに、あったのにっていうのありますよね。

知り合いのおじさんで「きむらたくや」さんて名前の方がおられたそうなのですが、親御さんが命名した時には、後に大変なことになるとは思いもよらなかったという話を聞いたことがあります。

滋賀県のニュース

①生の声でふるさと納税PR

ふるさと納税でもらった返礼品の感想を実際にもらった人に感想を文章におこしてもらい、広報する。今の世の中、公式が広報するのは、SEO的には強いですが、情報の響き具合としては、弱めな部分もあると思います。

何の利害なく発信している関係者じゃない方の情報の方が説得力がある。

そういう意味で、公式から頼まれて文章を書いてもらっている時点で、利害が絡んできちゃうのかもですが、それでもいち利用者の方の意見は、説得力あるなと。

ももクロクーポン

これ、市内の皆さんにお配りするのも素敵と思いますが、市外の人向けに何か別の方法で発信した方がよいのではと思いました。市外の人に市内で消費を落としてもらう手段になりそうやと思うのですが。

③謎解きゲームみたい

課長さんが面白いことにどんどん挑戦していこうと前向きな方なのだそうです。で、係長会議や係員の人たちの間でも創意工夫でアイディアを出し合って企画されているのだとか。

国勢調査100周年の今年、県民手帳が楽しいです!

あ、ただ、最後に1つだけ、この県のHPや1つ前の市のHPにうーんと思ってることを言わせてください。

こうやってリンクをシェアした時に、サムネイル画像がちゃんと表示されるようにしておくべきだと思うんですよね。できたらその記事の内容に関連した画像に。

そういう少しのことで、キャッチの向上につながると思うからです。

私ごときが偉そうに聞こえたらすみませんなのですが(*_*)

前々から密かに思っていたことです。

最後に

10月30日号と銘打ちながら遅れての更新になりました。今週は、『煉獄に笑う』の記事に一生懸命になっていたらこちらがおろそかになってしまいました。実は『煉獄に笑う』って私は拝見させてもらったことがないのですが、さぁ、若い人たちはどれくらい滋賀を訪れてくれるだろう。 来てくださる方が少しでもわかりやすいようにと思ってルートを考えてみましたが、全然だったら悲しいな。

さて、今日はこのへんで。また、気が向いたら見に来てやってください。超絶暇な時の僅かな足しにでも。

プライバシーポリシー