旅と遊びと暇な日と。

#お出掛け #お家で楽しむ #ローカル #アート

お出掛け

「小麦の奴隷」が滋賀県大津市に!関西初出店のパン屋の場所や値段、カレーパンについて紹介します。

奴隷という言葉を私が初めて知ったのは、ドラえもんの映画「ドラえもん のび太のドラビアンナイト」の中で登場人物が口にしたのを聞いたのがきっかけでした。 アラビアンナイトの世界のエキゾチックさが魅力的な映画でしたが、 そういった貧困や闇についても…

「ボードゲームカフェ青い家」が滋賀県竜王町に!場所や料金、営業時間について紹介します。

滋賀県竜王町と言えば、関西ではアウトレットがあることで知られています。 竜王町は、須恵(すえ)や薬師(くずし)など、古代に渡来系の技術者が住んでいたのではないかと思わせる地名があったり、源義経の元服の地であったりするなど実は歴史のあるまちだった…

あんぱん専門店が滋賀県に!和菓子屋さんのあんぱんの「美味しい」を紹介。

滋賀県の和邇(わに)駅にやってきました。 滋賀県は、琵琶湖を中心として、湖北、湖南、湖東と、湖から見てどの方角にあるかでエリアの名前が付いていたりします。 ここ和邇駅は、そのうち湖西(こせい)というエリアになるのですが、今日は、そんな和邇駅から…

京都の八坂プリンでインスタ映え!場所やアクセス、値段は?持ち帰りもできるプリン専門店

京都の八坂にやってきました。 八坂は、着物姿で観光されている方も多くおられる京都の中でも和の風情を楽しめる有数の観光地です。 今日は、そんな京都八坂にある「八坂プリン」について紹介したいと思います。 京 八坂プリン 外観 内観 商品 手提げ袋 フォ…

【彦根城の御城印】どこで買える?販売場所や井伊の赤備えデザイン、値段について紹介します。

彦根城にやってきました。 こちらは、国宝に指定されている彦根城の天守です。 実は、国内に5つしかない国宝に指定された天守を持つお城。彦根城の他は、姫路城(兵庫県)、松本城(長野県)、犬山城(愛知県)、松江城(島根県)が、天守が国宝に指定されているお城…

予約方法は?『もう言葉がでません』松江市の店名とイラストがインパクト大な高級食パン専門店

松江駅にやってきました。 松江駅は、県庁所在地を代表する駅としては、実は、山口県の山口駅に次いで利用者が少ない駅なのですが、特急や寝台列車などの旅客列車が停車し、駅ビルに大きな商業施設が入る山陰地方の旅の窓口と言える駅です。 今日は、そんな…

砂プリンの食べ方は?砂のカラメルをかけて食べる鳥取砂丘のおしゃれなインスタ映えスイーツのお店

鳥取砂丘にやってきました。 鳥取砂丘は、砂地面積約550ヘクタールで、東京ドーム117個分の大きさを誇る日本最大級の砂丘です。 今日は、そんな鳥取砂丘の周辺にある鳥取砂丘の砂がイメージされた「砂プリン」について紹介したいと思います。 砂プリン専門店…

嵐ファンに大人気!大野神社の場所やバスでのアスセス、通販もある「だるまグッズ」や併設カフェについて紹介します。

滋賀県栗東市の「大野神社」にやってきました。 こちらは、大野神社の参道の入り口です。 大野神社は、平安時代後期に創建された1000年以上の歴史を持つ神社で、本殿正面にある楼門は県内最古で、国の重要文化財にも指定されています。 そんな歴史のある大野…

【熊本城の御城印】どこで買える?販売場所や熊本城の銀杏、修復状況、限定デザイン、値段について紹介します。

熊本城にやってきました。 こちらは、熊本城周辺にある加藤清正の像です。 熊本城は、慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ築城されたお城。 現在は、平成28年(2016年)に起きた熊本地震での損壊のため、その復旧工事中です。 今日は、そんな地震にも負けない…

京小宿・八坂ゆとねの宿泊記。女子旅におすすめ!京都の和モダンなホテル

京都の八坂にやってきました。 清水寺や八坂神社が近くにある京都の中でも有数の観光スポット。 奥に見えるのは、重要文化財の五重塔である「八坂の塔」です。 今日は、そんな京都の八坂のエリアの和風情緒たっぷりな通りの一角にある和モダンが素敵な宿「京…

熱海プリンでインスタ映え!かばの瓶やお風呂屋モチーフの店内がおしゃれなカフェ

熱海にやってきました。 こちらは、熱海にある商店街の1つ「熱海銀座」です。 熱海は、江戸時代から湯治場として親しまれてきた温泉街です。 昔ながらの温泉街の雰囲気も残りつつ、可愛いお店や洗練されたホテルもあり、首都圏からのアクセスが良い温泉街と…

滋賀でチームラボ?いや、土山サービスエリアの期間限定イルミネーションです!

チームラボという光や映像を扱うアートイベントを全国で手掛けるデジタルコンテンツ制作会社があります。 たとえば、こちらは、京都の下鴨神社の糺の森で実施されていたチームラボのイベント。 カラフルなたまごの展示が特徴的なこのイベントなのですが、こ…

アートアクアリウム2020!金魚を見に京都の二条城へ行こう。

地下鉄の二条城駅にやってきました。 そう、この日私が出掛けたのはこちら、 二条城です! もっと言うと、二条城で開催されている光と金魚と世界遺産で織りなされるアートのイベント「アートアクアリウム」を見に行ったのでした!! 今日は、そんなアートア…

【鉄印の旅】関西から1泊2日で伊勢鉄道へ。鉄印を集めながら巡りたい三重県のおすすめ観光スポット6選

鉄印集め13箇所目! 今回は、三重県の伊勢鉄道に行ってきました。 伊勢鉄道の車両 鉄印集めの旅は、いつもいつも楽しいです(^^) が、その中でも毎回大事にしていることがあるのですが、それは、旅自体も存分に楽しむということです!! (ちなみに、鉄印って…

伊賀忍者の里のランチにおすすめ!2種類のうどんが一度に楽しめる九庵の「あわせうどん」

三重県は、伊賀にやってきました。 伊賀鉄道の上野市駅から伊賀上野城の方へ向かっている道中、商店街と思しきところに何やら気になる建物を発見。 “新天地?” アーケードを覗いてみると、オーソドックスな商店街の通路にお洒落なお店がいっぱい。しばらくの…

彦根イイプリンって?彦根城までの道のりにオープンしたとってもお洒落なプリン屋さん!

彦根城までの道中です。 見知った道だと思って歩いていると、何やら以前にはなかったちょっと気になるお洒落なお店がありました! 「彦根イイプリン」について お店の名前とロゴ 2020年3月28日オープン 全国10箇所以上の店舗をめぐりプリンの研究をされた ホ…

設置場所はここ!ひこにゃんマンホールとマンホールカードを見つけよう。

マンホールは、「足元の芸術」とも呼ばれ、国内外でいろんなデザインの図柄の蓋が設置されています。特に、日本ではご当地の名産をデザインに取り入れられていたり、カラーのものがあったりなど、単なる下水道の蓋という機能にとどまらず、地域の魅力の一部…

「煉獄に笑う」トレーディングカードを1泊2日で制覇する!公共交通機関でめぐるモデルコースを考えました。

2019年に滋賀で実施された「煉獄に笑う」トレーディングカード観光キャンペーン。2020年の今年、再び戻ってまいりました! 今回は、前回の6種類から4種類増えて10種類というラインナップで、配布箇所は、県内5市町の10箇所です。 企画の期間は、2020年10月31…

お酒の御朱印「御酒印」を集めよう!酒蔵巡りで登録銘柄ラベルのコレクトはいかが?

集めるという行為は、人間が本来持っている狩猟本能を満たす行為であるとも言われており、獲物を捕獲した時の満足感を楽しむということにその起源を求めることができるとも言われています。 今回は、そんな人間の本能に由来するとも言える収集という行為を1…

11月限定の鉄印登場!!たぬきの日にちなんだ信楽高原鐵道のたぬきモチーフの鉄印はいかが?

鉄印とは? 滋賀県は信楽高原鐵道で実施 緑の鉄印帳が似合う信楽高原鐵道 季節ごとに変わる鉄印のデザイン 11月限定たぬきの日にちなむ鉄印 ちなみに、たぬきの日とは? 最後に 関連記事(信楽) 関連記事(電車) 鉄印とは? 鉄印帳を持っている人だけが集めら…

動物たちと自然の森へ。愛知川図書館に展示される早川鉄兵さんの切り絵の世界!

滋賀県愛知(えち)郡愛荘(あいしょう)町にやってきました。 愛荘町には、2つの図書館があるのですが、今日は、そのうちの1つ愛知川(えちがわ)図書館と、そこに展示される滋賀を代表する切り絵作家の早川鉄兵さんの作品を紹介します。 1.愛知川図書館につ…

信楽焼のまちの観光は「たぬき散策」がおすすめ!徒歩でめぐる日帰り旅行

滋賀県は甲賀市の信楽(しがらき)にやってきました。 信楽というと、信楽焼のたぬきで有名なあの「信楽」です。1つ前の朝ドラ「スカーレット」の舞台としても話題になりましたよね。 今回は、そんな陶芸のまち信楽の街歩きを紹介したいと思います! 散策路の…

招き猫のお寺が東京都世田谷区に!豪徳寺へのアクセスは?なぜ招き猫がたくさん奉納されているの?

かつて東京には滋賀県の飛び地がありました。 1633年(寛永10年)に、江戸屋敷賄料として井伊家の「彦根藩世田谷領」となった現在の東京都世田谷区の一部。 1871年(明治4年)の廃藩置県の時に「彦根県」となり、その後「長浜県」に統合された後、1872年(…

ポケモンマンホールが滋賀県にやって来た!!何気に近畿地方 第1号です(^^)/

マンホールとは、英語の「man(人)」と「hole(穴)」を組み合わせた言葉です。幾何学模様の通常の蓋のほか、ご当地の特徴をデザインした蓋も多く採用されており、各地を旅して見かけた時は、その趣向に楽しませてもらえます。 今日は、そのマンホールの中…

お盆はどこ行く?浴衣で出掛ける叶匠壽庵「寿長生の郷」のフォトジェニックな旅

かつて滋賀県は大津市の職員に、知人の菓子職人のわずか10日の手ほどきのみで、自宅を工場にし、和菓子商を創業したという方がおられました。 めちゃくちゃなお話しに聞こえますが、型通りの人生で終わることに嫌悪感を覚え、39歳で、激しく未知の可能性への…

美術館?いいえ、駅です!近江鉄道 愛知川駅の本格的過ぎる駅ナカアートを見に行こう!

近江八幡駅にやって来ました。 近江八幡駅は、京都駅からだと新快速1本で約35分の距離です。 今日は、そんな近江八幡駅から滋賀の私鉄 近江鉄道に乗り換えて行く、愛知川(えちがわ)駅までのちょっとアートなローカル線の旅を紹介します。 では、早速、JR琵…

何かお洒落な看板あった!賤ヶ岳リフトで琵琶湖の”ツノ”を眺めてみない?

賤ヶ岳(しずがたけ)。 賤ヶ岳とは、豊臣秀吉と柴田勝家が戦ったあの「賤ヶ岳の合戦」の「賤ヶ岳」。 今日は、約440年ほど前に合戦場となった歴史舞台「賤ヶ岳」について書きたいと思います。 さて、賤ヶ岳の麓にやって来ました。 賤ヶ岳へ行く最寄り駅は、…

忍者の電車で旅したい!滋賀を走る忍トレインで週末プチ旅してみない?

0.忍者列車「SHINOBI-TRAIN」 1.JR草津線の忍トレイン 外観 内観 ①中吊り広告 ②吊り革 参考情報 2.信楽高原鐵道の忍トレイン 信楽高原鐵道までのアクセス 信楽高原鐵道の駅 外観 内観 最後に 関連記事(電車) たまたま買い物したら記念品がもらえた。た…

鉄道の御朱印「鉄印帳」って?滋賀県では信楽高原鐵道の信楽駅でGETできます!!

鉄印帳 まずは、本体をGETしよう! 鉄印を集めよう! 鉄印GETの道⓪「各社によるさまざまな趣向の『鉄印』」 鉄印GETの道①「乗車券の提示」 鉄印GETの道②「記帳料のお納め」 鉄印GETの道③「大前提として『鉄印帳』が要る」 早速、行ってみました! 草津駅(JR琵…

滋賀のうなぎ料理屋かねよで「きんし丼」を食べよう!大津の本店を紹介します。

土用の丑の日 土用(どよう)とは、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の約18日前までの期間のことを言い、丑(うし)の日とは、暦の日数を十二支で数えた時の丑にあたる日のことで、土用の丑の日とは、四立前の約18日の間にある丑の日のことを意味します。 一…

プライバシーポリシー